ショートカット大失敗談!!

ショートカットにパーマで失敗

25歳のときのことです。いつもお洒落な会社の先輩がショートカットに明るい髪の色にしてニュアンスパーマをかけていて、服装はシンプルなのにすごく素敵に見えたんです。「髪型が素敵だとあとはシンプルでもおしゃれになるんだ!」と思ってカラーはしなかったもののショートカットにゆるいパーマをかけました。
これが大失敗でした。美容師さんには「あなたの髪質だとパーマがすぐに落ちちゃうし、髪が多いからパーマでさらに広がると思うから毎朝シャンプーしてパーマを出すようにしてね」と言われたのですが、次の日から全く再現できませんでした。髪が濡れているとなんとなくパーマがかかっているのですがドライヤーをかけるとウエーブが消えてしまうんです。自然乾燥すればいいのかもしれませんが朝なのでそんなにのんびりもできないので「明日はちゃんとやろう」となってしまい、思ってた髪型にならないままただの広がったショートカットで過ごしていました。
あと、ショートカットって化粧やイヤリングをしないと女らしくならないんですよね。すぐにぼさっと伸びたようになってしまうしショートカットはまめに美容院に行かないといけないってことも分かりました。

 

ショートカットでお肉が丸見え・・・

私には兄がいますが長女なので、小さい頃は女の子らしい格好や髪型をしていました。もちろん私の意志ではなく親の意向です。特に嫌ではありませんでしたが、何も意識することなく何となく女の子らしい格好をしていました。
しかし、小学5年生くらいになった頃からお兄ちゃんみたいになりたいと思うようになり、思い切ってショートカットにしました。
それから大学生までずっと短い髪の毛で過ごしていたのですが、ふと気づいたことがあります。それは、自分の首から背中にかけての厚みです。もともと華奢ではないのですが、中学高校大学と成長する過程でかなり体重が増えていたので、だんだんと厚みが増してしまったのだと思います。そして、ショートカットのため隠すことができず、分厚い部分が丸見えでした。
それからは彼氏の影響で髪を伸ばしているのですが、結んだり髪が上がったりするとやはり今でも気になります。今はそんなコンプレックスを隠さずに済むよう、ダイエットに励んでいます。
ショートカットが好きで似合うと言われることもあり自分でも似合っていると思っていたのですが、正面から見た感じと横から見た感じが全く違ったので、気がついた時はとても驚きました。結局今は、自分はミディアムくらいが似合うのではないかと思っています。

ソバージュをやったら頭がデカくなった・・・

私が20代後半の時、テレビに出ている女優さんやタレントさんが多くしいてた髪型、その名もソバージュ。
今だと、そう、バブリーの平野ノラさんの髪型です。
もともと直毛で、真っ直ぐな髪がチャームポイントだった私は、ずーっとパーマをかけた事がなかったんです。
しかし、周りの友達も次々ソバージュにしていって、なんか大人っぽくなっているし、私も一度くらいパーマかけてもいいかな?もしかして似合うかも?などと考えて、だったら、流行りのソバージュにしよう!と美容院へ行きました。
ドキドキしながら、椅子に座り、何時もは週刊誌を読むけれど、ジーッと鏡を見ていました。
クルクルと自分の髪がまかれるのは不思議な感じでしたね。
ちょっとパーマ液の匂いは嫌でしたけど…。
今までパーマをかけた事がなかったためか、健康体の髪で、パーマもかかりにくい、と言われながら、まかれた自分の顔には笑ってしまいました。
そして、やっと時間が来てシャンプー台で洗い流し、ドライヤーでセット開始です。
もう、期待度100%で待っていると、だんだん不安に…。
髪型は、正真正銘ソバージュでしたが、とにかく似合わない。
よくよく考えてみれば、丸顔で大き目の顔の私。
パーマかけたら頭が膨らんで、でかい!としかコメントできないです。

おすすめ育毛剤・・・アデノバイタルスカルプエッセンス

自分の顔に似合うか似合わないか、良く考えてみればよかった。パーマ、それもソバージュなんて全体にかけるのだから、頭大きくなるのは当たり前ですよね。
バレッタで、両脇の髪を後ろで留めたけれど、それでも後部の膨らみが気になって、最終的に、3日後にパーマを外しに?行きました。有難い事に、1000円で戻して頂けました。
それ以降、パーマをかける事はないです。
あの失敗の顔は今でも忘れられないし、この後もパーマはかけないと思います。

人生初パーマで大失敗です。。。

いつも同じところで切ってもらっていたのですが、何となく気分を変えて、新しいおしゃれなお店に行きました。いつも通りの髪型で良かったのですが、こちらも若気の至りと言うか気分を変えて、どうしましょうと美容師さんに相談したら雑誌とかもってきてもらったので、そこから選んでお願いしました。その髪型が、少しパーマがかかっているものでした。見る感じだと分からなかったのですが、でもお願いしたので、やってもらったのです。人生で、初のパーマでした。雑誌だとおしゃれに見えても、実際、自分がその髪型になると、似合わない。髪型だけ見ると、可愛い感じなんでしょうけど、明らかに男顔の私がやると、サザエさんよりになってしまう。美容師の方が失敗したのではなく、自分の顔の問題です。

元々、天パが入っているので、余計にかかっている感じもしてしまって。パーマって、カットだ毛よりも、高くて、いつもなら3000円くらいななのが、1万円くらいして。髪型も嫌だけど、財布も厳しいなと。良いことなかったです。自分が悪いなと思っても、周囲の人には「似合っている」と言うのがあるじゃないですか?それすらなくて、友人らには、「こんなにパーマが似合わない人、初めて見た」と爆笑される始末でした。しかし、ここからが大変で、パーマがなかなか落ちないというんでしょうか、取れないので、いつも通りの髪型にするまでに時間がかかってしまいました。人生で、初めて雑誌を見てお願いした髪型、そしてパーマをかけましたけど、もういいやと思いました。おしゃれな髪型ではなくて、自分に似合っている髪型が一番良いんだと学びました。年齢も行き、自分の顔の形、髪質なども分かってきたので、それに見合うものが一番です。パーマしなくても、天パが、ちょっとしたふわパーみたいで良いねと最近は言われるようになりました。