ショートカット大失敗談!!

ショートカットにパーマで失敗

25歳のときのことです。いつもお洒落な会社の先輩がショートカットに明るい髪の色にしてニュアンスパーマをかけていて、服装はシンプルなのにすごく素敵に見えたんです。「髪型が素敵だとあとはシンプルでもおしゃれになるんだ!」と思ってカラーはしなかったもののショートカットにゆるいパーマをかけました。
これが大失敗でした。美容師さんには「あなたの髪質だとパーマがすぐに落ちちゃうし、髪が多いからパーマでさらに広がると思うから毎朝シャンプーしてパーマを出すようにしてね」と言われたのですが、次の日から全く再現できませんでした。髪が濡れているとなんとなくパーマがかかっているのですがドライヤーをかけるとウエーブが消えてしまうんです。自然乾燥すればいいのかもしれませんが朝なのでそんなにのんびりもできないので「明日はちゃんとやろう」となってしまい、思ってた髪型にならないままただの広がったショートカットで過ごしていました。
あと、ショートカットって化粧やイヤリングをしないと女らしくならないんですよね。すぐにぼさっと伸びたようになってしまうしショートカットはまめに美容院に行かないといけないってことも分かりました。

 

ショートカットでお肉が丸見え・・・

私には兄がいますが長女なので、小さい頃は女の子らしい格好や髪型をしていました。もちろん私の意志ではなく親の意向です。特に嫌ではありませんでしたが、何も意識することなく何となく女の子らしい格好をしていました。
しかし、小学5年生くらいになった頃からお兄ちゃんみたいになりたいと思うようになり、思い切ってショートカットにしました。
それから大学生までずっと短い髪の毛で過ごしていたのですが、ふと気づいたことがあります。それは、自分の首から背中にかけての厚みです。もともと華奢ではないのですが、中学高校大学と成長する過程でかなり体重が増えていたので、だんだんと厚みが増してしまったのだと思います。そして、ショートカットのため隠すことができず、分厚い部分が丸見えでした。
それからは彼氏の影響で髪を伸ばしているのですが、結んだり髪が上がったりするとやはり今でも気になります。今はそんなコンプレックスを隠さずに済むよう、ダイエットに励んでいます。
ショートカットが好きで似合うと言われることもあり自分でも似合っていると思っていたのですが、正面から見た感じと横から見た感じが全く違ったので、気がついた時はとても驚きました。結局今は、自分はミディアムくらいが似合うのではないかと思っています。